ブランコ強度及び三ッ打ロープ経年劣化検査

○ブランコの強度検査実施(H28.7.1)

以下の写真の方式でブランコ板部分の破壊検査を行いました。

 

 

木製部分の強度は平均値を使用するため平均15.2KNとなります。

※当社では安全を考慮して、余裕を持たせた強度表示しています。

○結果

   当社製木製ブランコ強度
 
○ロープ製ブランコつり手部分 34KN
 
○ワイヤー製ブランコつり手部分 41KN
 
○木製台座部分(ロープ.ワイヤーつり手共) 12KN
 
○最大積載重量(Max Load Weight) 300kg (CE標準適合)
 
※以上の数値は当社のオリジナル木製ブランコに限ります。
使用前には必ず点検を行い、異常がある場合は作業は行わないで下さい。
※当社木製ブランコは、つり手部分の交換修理が出来ます。
使用開始から、3年をメドに、新品との交換をお勧めします。
※改造しての使用は、お止め下さい。

 

 
 


  経年劣化ロープ強度検査実施 H22・11月

当社で販売したブランコ専用ロープの経年劣化の度合いを調べる為、強度検査を実施しました。

ロープは御客様のご好意により提供して頂き、強度検査は中立第三者機関にて行いました。



 結果

5年使用の20mmポリ 新品時44.6knから34.5knとなり、約23%低下。

5年使用の19mmポリ 新品時40.4knから32.0knとなり、約21%低下。

5年使用の16mmポリ(ライフライン) 新品時27.0knから26.5knとなり、約2%低下。

20年以上使用した16mmアロマPP(ライフライン) 新品時41.1knから37.9knとなり、約8%低下。

10年以上使用した15mmアロマPP(ライフライン) 新品時36.2knから35.3knとなり、約4%低下。

 総評

メインロープとして使用した場合5年で約20%強度低下し、

ライフラインではほぼ強度劣化は見られませんでした。

使用方法や保管方法により差が生じます。

また当店では痛みがはげしい場合は即時交換、それ以外でも3年での交換を推奨しています。

 ご注意

最近ポリエチレンロープやポリプロピレンロープに関する、デマの情報が流布されているようです。

半年で強度半減などは全てのケースではありえません。

ツインロープ方式の禁止が決まってから特に目立ってきています。

同じ過ちを繰り返さなければ、良いのですが・・・

お客様におかれましては、くれぐれもご用心下さい。


全体本日昨日

〒104-0054
東京都中央区勝どき1-6-5
TEL:03-3534-0166
FAX:03-6914-9450
  営業時間
 
月曜~金曜
9:00~17:00
土曜:9:00~12:00
休み:日曜 祝日
 
 年末12月29日AM12時まで
  営業
   30日より1月4日まで休業
年始1月5日より営業
5日(土)はAM12時まで